紫水会会則

第1章 総 則

第1条 本会を福岡県立小倉商業高等学校紫水会と名づける。
第2条 本会は母校の発展に寄与し会員相互の連絡を保ち親睦をはかるを目的とする。
第3条 本会の事務所を福岡県立小倉商業高等学校内に置く。

第2章 会 員

第4条 本会の会員を正会員及び特別会員の二種とする。

1. 正会員は次に揚げる各号の者とする。
(1)福岡県小倉市立小倉商業学校卒業生
(2)福岡県小倉市立小倉商業高等学校卒業生
(3)福岡県立小倉高等学校商業科卒業生
(4)福岡県立小倉商業高等学校卒業生
(5)前各号の中途転・退学者で、同窓生2名以上の推薦に基づき常任理事会の承認を得た者

2. 特別会員は前項各号の学校の旧職員並びに現職員とする。

第5条 正会員は入会金を納入することを要する。
第6条 会員は住所・勤務先・職業等に異動があった場合は、本会に届出ること。

第3章 役 員

第7条 本会に次の役員を置く。

名誉会長 1 名 (学校長)
会  長 1 名
副 会 長 若干名
幹 事 長 1 名
副幹事長 1 名
常任理事 各期 若干名
幹  事 各期 若干名
会  計 1 名
会計監査 2 名
顧  問 若干名

第8条 名誉会長は学校長を推薦する。会長・副会長・幹事長・会計・会計監査は正会員中より常任幹事の議決を経て総会で選任する

1. 会長は会務を総括し、本会を代表する。
2. 副会長は、会務を分掌して会長を補佐し、会長の承認を経て常任幹事会を招集し、その決議に基づき執行に当たる。
3. 幹事長は、会の日常業務を執行する。必要とする時は、会長の承認を経て常任幹事会を招集し、その決議に基づき執行に当たる。
4. 副幹事長は、常任幹事の中より幹事長の推薦を経て、常任理事会で選任する。
5. 常任幹事は、各期よりの選出により会長が委嘱した会員並びに学校長の推薦による特別会員をもってこれに充て、常任理事会を構成する。
常任幹事は会務と密接に連携して会員相互の便宜を図るための活動を行う。
6. 各期に幹事を置き、常任幹事と連携して各期会員相互の便宜を図るための活動を行う。会計監査は、本会の会計業務を監査する。
7. 会計は、本会の会計を掌るとともに、決算・予算管理並びに財産管理を担当する。会計監査は、本会の会計業務を監査する。
8. 顧問は、役員経験者または会員の中から、著しく本会活動に貢献したものを常任幹事会で選出し、会長が委嘱する。顧問は本会役員の諮問に与る。

第4章 会 議

第9条 会議は総会及び常任幹事会とする。

1. 総会は年1回開催し、事業報告・決算報告・予算並びに事業計画・その他重要事項について決定する。
会長が必要と認める場合には臨時に総会を開催することができる。
2. 常任幹事会は、名誉会長・会長・副会長・幹事長・副幹事長・常任理事・会計・会計監査・顧問が出席し、本会の日常業務について審議決定する。

第5章 事 業

第10条 本会は第2条の目的を達成するために次に掲げる事業を行う。

1. 会員名簿その他刊行物の発行
2. 紫水会各支部との連携交流に関する事項
3. 紫水奨学会に関する事項並びに学校関係諸団体との交流に関する事項
4. 記念品贈呈並びに弔問
5. 特別の功労者に対する表彰
6. その他本会の目的を達成するに必要な事業

第11条 記念品贈呈及び表彰については常任幹事会で定め、総会は適当の時期に行う。

第6章 付 則

第12条 会則の施行については必要な細則は、常任幹事会の意見により会長が定める。
第13条 この会則は平成11月8日より改正施行する。(前会則ー昭和35.9.23 施行)